FC2ブログ

愛の旅路

闇の子供たち~値札のついた命
日本ユニセフ協会も応援してる


映画『闇の子供たち』が2008年8月2日(土)明日から全国で随時公開されます。

『闇の子供たち』は世界各地で実際に起こっている子どもの「商業的性的搾取」を取り上げ、子ども売春・人身売買・臓器売買といった問題をリアルに描いた作品です。

0625_1-1.jpg

この映画はヤン・ソギルさんの『闇の子供たち』という本を題材に作られたものですが、人身売買という、人の尊厳を売買するという事またその対象が子供であることにとても深刻になられ、この作品が出来上がるまでの過程には子供たちへの細かな配慮がされているみたいだね。


〔阪本順治監督へのインタビューより〕

抵抗力のない子供たちの子供らしさや自然の営みが奪われる事実、その事実が身近に存在するということを知ってしまった以上、僕らは映画を作る人間として逃げることはできない、向き合うべきだろうと思いました。

タイという国を舞台に、この映画を描くとき、僕らは旅人として通り過ぎてしまう存在。だからこそ、誰かを傷つけることになりやしないかという恐怖心が常にありました。日本のネットで多くの日本人がタイや中国などに子供を買いに行っている現実を知り、この映画はタイを舞台にしていても、必ず我々日本人に跳ね返ってくる物語にしなくてはいけないと思いました

観て頂いて、アクションを起こして下さる方もいると思いますが、この映画はそれを強要している訳ではありません。僕自身がそうであったように、まずたじろいでもらう、そして映画館から外に出たときに、多分色んな風景が違って見えたり、若者が違って見えたり、子供が違って見えると思うんですよね。そういうところで、みなさんが映画をきっかけに何か見えるものが変わってくれればいいなと。

34440514-1.jpg

原作は生々しい虐待の描写や悲愴な物語であり、読み進めるのがとても辛い部分が多い為、映画のあらゆるシーンで、描かれる人、見る側への配慮がされています。



僕も記事を載せる事にどうしょうかと迷ったのですが・・・やっぱり書かずには

このような悲愴な世界が現実にある事をひとりでも多くの人に・・と思い記事にしました。

こんな大きな社会的問題は、たった1人の力じゃどうにもならないけれど

『知ること』『感じること』って自分の人生にとって凄く大切な事だと思います

『知ること』『感じること』によって得られる答えは・・・人それぞれ

自分の心の中の何かに問いかける・・・


そして、一刻も早く

世界中の子供たちが、いつの時も笑顔でいられる事を願うばかりです。



闇の子供たち ←詳しくはココをクリックしてください
yami1024.jpg


スポンサーサイト



| | 20:29 | コメント:49
少年の未来~共存とは?
たそがれる少年

見つめる先には輝く未来

汚れ無き心 海の広さのように広大な希望を内に秘めて

あまりにも綺麗な夕日とマッチしてたし

なんか凄いかっこよかったので写してしまいました。

少年の頃の僕を見てるようで^^笑

山と田んぼの景色を眺めて育った子供時代

海を見て育ってたら また違う人生を歩んでたのかも~って想いながら

少年の後ろで僕も 黄昏~

ちなみに彼女いるそうです^^笑

小さい少年の後姿が大きく感じました。

DSC03231.jpg


記事の続きは→想い出
| | 02:39 | コメント:25
女優であり母であり~平和を願う本物のセレブ
米女優アンジェリーナ・ジョリー(33)さんが2008年 7月12日午後8時前

フランス南部ニースの病院にて、帝王切開で男児knox Leonくん(2270g)

女児Vivienne Marchelineちゃん(2280g)を無事双子出産され、母子共に健康だそうです。




下の写真は第61回カンヌ国際映画祭に仲むつまじい姿の

米女優アンジェリーナさんと米俳優ブラッド・ピットさん『2008年5月20日』

cannes114-1.jpg

アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)



カリフォルニア州ロサンゼルスに(1975年6月4日生)



アメリカ合衆国女優・UNHCR親善大使でもある彼女



アカデミー賞にも輝く実力派女優(プロデューサー)であり、アメリカで最もセクシーな女優としても有名



私生活でも(父親との確執、趣味や生活様式、派手なゴシップ、男性関係)など絶えず



話題を提供してくださり世界的にも影響力の高いハリウッドスターの一人



主な出演作品には・・・



『ジーア/悲劇のスーパーモデル』



『17歳のカルテ』



『Mr.& Mrs.スミス』


中でも『トゥームレイダー』シリーズは僕も夢中になって何度も観ました。



顔立ちの全てがパーフェクトで美しい彼女



しいて一番好きで素敵なところって聞かれたら~やっぱりセクシーな唇でしょう。



Beautiful face
Sexy lip
I am deprived of the lip kissing.
Anjerena ..love..

w553215-view-1.jpg
華やかな彼女のイメージの反面



その生い立ちを、僕も今回初めて知りました



両親は彼女と同じく お父さんは俳優のジョン・ヴォイト



お母さんは女優のマルシェリー二・ベルトラン



兄弟や親族にも多くの芸能関係者に囲まれた芸能一家に生まれ



生後間も無い1976年に両親が別居し ジョリーは兄弟と共にニューヨークへと移住



演劇を学び 11歳の頃舞台に立つようになり 後にビバリーヒルズの高等学校



演劇クラスに進学するんだけど、病弱なお母さんの収入は多いとは言えず



ジョリーも古着を着て過ごす家庭環境は、恵まれてるとは言えず 裕福な家庭が



多いビバリーヒルズにおいて孤立していく・・・



さらに 同級生から極端に痩せていた事、サングラス、歯の矯正の器具など着用していた事で、イジメに合い、ジョリーは自傷行為を始めるように・・・



当時の事をジョリーは「ナイフで自分を傷つけると生きているという実感が涌き、開放感に満たされ癒しを感じた」と振り返る



最終的に14歳で演劇クラスを離れ、激しい自己嫌悪から葬儀会社でアルバイトを・・・



実際に葬儀場の遺体の死化粧を施す担当をするなど「死」というものに身近に接していました



そんな反抗的な思春期、自堕落な生活から立ち直リ学業に復帰するまでに2年もの時間を要し



16歳で再び演劇を学び始める



後に『サイバーネット』で映画初主演をはたしジョリーの存在感と演技はニューヨーク・タイムズにおいて絶賛され



その後、多数の作品でキャリアを重ねたジョリーは『ジーア/悲劇のスーパーモデル』で数多くの賞とノミネートを受けるまでに



翌1999年の『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞し実力派女優としての地位を確立し



2001年『トゥームレイダー』で世界的なトップスターにのし上がった素晴らしい女性





写真は養子として迎えた子供に溢れんばかりの愛情を注ぎ抱く おだやかな表情の二人↓

brad_pitt_sling_1-1.jpg

そんな彼女の人生の軌跡の中でもう一つ彼女が美しく輝いて見える活躍の場を知っていますか?



彼女はUNCHR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使として活躍されています



これまでに20あまりの国や地域を訪問し



直接現地の難民と触れ活動され



慈善活動の中で3人の子どもたちを養子として引き取るなど・・・溢れんばかりの愛



ハリウッドでは「チャリティー参加」が一流の証!と言われ慈善活動に積極的な人気セレブたち・・・



そんな中でも彼女の行動力は素晴らしいの一言に尽きます



難民保護に熱心に取り組む一方でUNCHRに対しても多額の寄付をし、活動を支援をされ



今回も無事ご出産された双子の子供さんの写真掲載権を米紙が日本円で約11億7千万円で買い取られたのには驚きましたけど さらにそのお金を全額人道活動への支援金として寄付されるそうです・・・凄いね。

11-image-1.jpg

アンジェリーナ・ジョリー親善大使←クリックして活動の内容を御覧ください。




本物のセレブとは~容姿の美しさだけではなく内面から輝く美しさ



愛溢れる素晴らしい方 尊敬します。
| | 19:28 | トラックバック:0 | コメント:41
| ホーム |

プロフィール

sion

Author:sion
今この一瞬に出会えた方と過ごす時が

素晴らしい繋がりと感謝の日々となりますように・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

フリーエリア

[高画質で再生]

ありがとう-Frow [広告]
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

韓ドラと音楽を愛する人集まれ♪